国際結婚の増加とその注意点

近年,国際結婚はどんどん普通のものとなってきています。

近頃,ハーフのタレントの活躍が目覚しいのは,国際結婚がそれだけ盛んに行われるようになってきている良い証拠だといえます。



またそれだけの外国人が来日し,日本が気に入って住み着いているということでもあります。国際結婚は,異文化交流を盛んにし,また,異なる人種の血が混血すると身体面で強靭な,容姿が優れている,知能が優れている者が生まれやすいといわれています。



これは推奨されこそすれ,敬遠,軽蔑されることはないと言えます。

また,歴史的に近隣の他国に侵略されることが多かったヨーロッパの国々では,美人,ビジネスに関して,学力に関して優秀な人物が多いといわれることからも歴史的にも証明されています。
国際結婚がもたらす結果は,上記のような素晴らしいものですが,これにいたる当事者の苦労は並ではありません。結婚は,日本では法律上の男女の結合ですので,法的な手続きでもって成立します。



いわゆる婚姻届を市区町村役場に提出するという行為ですが,これが国際結婚となると日本人同士の結婚のように簡単にはいかないことが多いです。


日本の市区町村役場は基本的に日本の法律に関しては取り扱いに長けていますが,外国の法律については,知識,取扱いの双方について疎いからです(日本の役所ですから当然といえば当然です)。
これが相手方の国で結婚を行うとなれば,日本人は自分が,日本の法律に基づいて結婚することができる状態である旨の証明書(これを「婚姻用件具備証明書」といいます。

)を,各都道府県にある法務局の戸籍課で取得して,それを一定の手続きに基づいて処理を行って相手方の国の役所に提出すれば特段問題になるという話しは聞いたことがありません。



ですが,日本で行うとなれば上記の事情とさらに,外国にはこの,婚姻用件具備証明書を発行しない国が多いこと(日本人と結婚したいという外国人の国にも比較的多いです。)から,市役所での婚姻の審査が難航することが多々あります。

役所の担当者も,結婚しようとする当人たちを前に,二人を不幸にしたいと思っているわけではないのですが,婚姻届を受理することができないということが多くあります。

国際結婚は多面的に見ても素敵なものです。
国際結婚をする際には,幸せを確実に手に入れるよう,事前の準備やリサーチを怠らないようにしたいです。



http://www.counselors.jp/lp7/matrimonial_agency.html
http://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/p/579/a_id/41284/~/%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6
http://www.1rankue.com/